変換器不要。AC【交流】駆動による省エネ・長寿命・安全安心のLED照明を、神話の国からお届けします

 

光害(ひかりがい)対策ガイドライン

  • ホーム  > 
  • 光害(ひかりがい)対策ガイドライン
 
 
良好な「光環境」の形成が、人口光の不適切あるいは配慮に欠けた使用や運用、漏れ光によって阻害されている状況、またはそれによる悪影響と定義する
 
 
都市化や交通網の発達等による屋外照明の増加、照明の過剰な使用等により、「夜空の明るさ」が増大し、天体観測等への障害となることが「光害」と指摘されて久しい。また、照明の不適切又は過剰な使用による、眩しさといった不快感、交通信号等の重要情報の認知力の低下、野生動植物や農作物等への悪影響が報告されており、適切な政策を求める声が多くなっている。
 
環境省においては、平成10年に屋外照明の適性化により、良好な光環境の形成を図り地球温暖化防止に資することを目的に「光害(ひかりがい)対策ガイドライン」を策定した。
 
 
 

光害対策ガイドライン 平成18年12月改訂版(環境省)

光害対策ガイドライン 平成18年12月改訂版(環境省)
 
ア​ク​セ​ス​
<<Doライト株式会社>> 〒693-0043 島根県出雲市長浜町337-1 TEL:0853-27-0371 FAX:0853-27-0372